愛媛方面担当の営業所案内と各地域の出張費のご案内

所在調査

お世話になったあの人の行方や、大切な家族の行方がある日突然分からなくなってしまうことは、決して珍しいことではありません。
「自分で出来る限りは探したけど、どうしても見つからない」と嘆いておられる方は、一度当家出・人探し調査室にご依頼下さい。
当調査室がその調査力に自信を持って、あなたの再会をお手伝い出来る様、全力で調査に臨みます。

また、当社の人探し調査では、調査の詳細を記した調査報告書を必ず作成します。調査を行った日時、調査の方法、聞き込み調査の内容など、当社が行った人探し調査の詳細をご確認いただける詳細な報告をご提出いたします。架空の調査によって料金を騙し取るというようなことは一切ないことをお約束します。
また、曖昧な契約や不誠実な契約も一切行いませんので、安心してご依頼下さい。

特異家出人と一般家出人の違い

家出人は、特異家出人と一般家出人に分かれます。

・特異家出人とは
自分の意思ではなく、行方がわからなくなった人のことです。何らかの事故や事件に巻き込まれ、連絡が取れない状態になっている可能性があります。

・一般家出人とは
自分の意思によって行方をくらませた人のことです。何らかの事情によって、家族や友人との連絡を絶った状態です。仕事や人間関係の悩みが原因で行方をくらませるケースもあります。

家出人と言っても、家出をする方の事情は様々です。家出した家族や友人を探す方は、家出の背景や事情から今後の対応を考えなくてはなりません。

しかし、特異家出人、一般家出人、どちらの家出でも、まずは警察へ相談するのは共通の対応です。
まだ警察に相談をしていないというご家族やご友人の方は、最寄の警察署に相談されることをおすすめいたします。

家出人が何らかの事件や事故に遭遇して連絡が取れない状況では、一刻も早い対応が求められることもあります。未成年者や高齢者の行方不明者は、特に注意が必要になります。

この特異家出人、一般家出人に含まれない人を探している方で、学生時代の恩師を探していたり、昔の恋人、お金を貸して行方がわからなくなった人を探している場合は、自分の力で相手を探さなくてはなりません。

警察で取り扱うことが出来ない人探しを希望される方は、当社のような探偵事務所にご相談ください。

当社は独自のネットワークと、これまで培った人探し調査の経験から、行方がわかない方の捜索を行います。自分達では相手を見つけることが困難だと思って、あきらめかけているご家族やご友人の方も、探偵ならではの目線から出来るアドバイスもあります。

家出・人探し調査のご相談

家出・人探し調査に関しての相談、お見積もりはすべて無料となっております。
以前依頼したけれど断られてしまったという方も、情報が少ないから無理だろうと思われている方も、当家出・人探し調査室では調査が可能なこともありますので、一度メールかお電話でお問い合わせ下さい。
行方が分からなくなってからの経過年数が多ければ調査難易度が上がってしまう可能性もありますので、ご依頼を考えていらっしゃる場合はお早めのご依頼をお勧めします。

人探し専門ページへ