愛媛方面担当の営業所案内と各地域の出張費のご案内

探偵が浮気調査で撮影する言い逃れできない浮気の証拠とは?

探偵が浮気調査ですることは、もちろん調査対象者が浮気していることを示す証拠を掴むことです。

しかし、浮気の証拠とは具体的にどのようなものを指すのかを知っている方は、実のところほとんどいらっしゃいません。

みなさんはご存知ですか?
この話をする前に、まず法律における浮気の定義について確認します。

浮気、法律用語で言う不貞の定義とは「婚姻中の者が配偶者以外の異性と肉体関係になること」です。

したがって、以下のようなものは浮気の証拠には成り得ません。

  • 肉体関係があることをほのめかすようなメール
  • 車のゴミ箱に捨てられていた使用済みの避妊具
  • 2人が路上で抱き合ってキスしている写真

これらの証拠も浮気をしているかもしれないという、浮気の状況証拠といえます

状況証拠の数を揃えれば、浮気の追及や裁判で提出する証拠として効果を発揮する場合もありますが、この数を揃えるまでにかなりの時間と予算を必要とします。

そのため、浮気の証拠は、「誰から見てもひと目で浮気をしていると認める証拠」でなくてはいけません。

言い逃れできない浮気の証拠

では、どんなものであれば認められるのでしょうか?
例えば、以下のようなものです。

  • 調査対象者と浮気相手がホテルに出入りする瞬間の写真や映像
  • 調査対象者が浮気相手の自宅へ出入りする瞬間の写真や映像
参考:浮気調査で取得可能な裁判で有効な浮気の証拠

因みに、配偶者の不貞を理由に離婚するためには、1度だけではなく何度かの不貞行為がおこなわれたという事実を証明する必要があります。

浮気の証拠が一つだと、「体調が悪くなって休んでいただけ」や「ちょっと部屋におじゃましただけ」なんて言い逃れをされる場合があります。

複数の証拠があれば、言い逃れを防ぐことができます。

また、浮気の慰謝料請求では、その浮気がどれだけ悪質であるか、という部分が慰謝料の請求金額に影響するケースがあるため、複数回の浮気現場を証拠として取っておけば交渉を有利に進めることができます

ですから、以上のような証拠が数回分必要なのですが、このような写真を個人の調査で撮影するのは非常に難しいことです。

しかし、高い調査能力を誇る当社にお任せいただければ、調査対象者に気付かれることなく証拠写真を撮ることができます。